こぼれ話

こちらのページは、余談です。お暇な方だけお読みください。

こぼれ話4

美容鍼について

私が鍼灸専門学校に入学する少し前から、美容鍼が流行り出したでしょうか。受けてみたいなーと思ってネットで調べたけれど、男の先生だったのでやめた記憶があります。
美容鍼ってエステみたいな感じがしますでしょ。綺麗な女性鍼灸師さんにしていただくイメージを持っていました。

ところが自分が鍼灸師になり、美容鍼の勉強をするためのセミナーを探すと、講師は男性がほとんどです。そして受講者も男性鍼灸師が多いという。
鍼灸師は男性が多いので、そうなるのは自然かもしれません。
美容鍼は女性という偏見は、今ではありません。施術者も男性、受けるのも男性、よくあることです。

ちなみに美容鍼、読み方は「びようしん」「びようはり」どちらも言われています。私は「びようはり」かしら。なんとなく。

あなたは美容鍼の経験はありますか?
まだならば、どんな想像をされているでしょうか?

体の鍼治療もしたことのない方が、お顔から鍼デビューなんてことも最近は多いですね。
痛そうだけど、綺麗になれるなら...という美意識が背中を押してくれるのでしょう。

痛いかどうか気になるところですが、ほどんど痛みを感じないこともあれば、涙が出るほど痛いこともあります。痛みを感じる個人差や、鍼を刺す場所、鍼の太さや深さ、それから手技によっても違います。
美容鍼には、いろいろ流派があります。

私がまず最初に学んだ美容鍼は「K式」でした。
当時は一番ポピュラーだったと思います。
専門学校生の時にクラスメートと一緒に
学生のための講習に参加しました。

その時、初めて美容鍼を受けました。
講師の先生に施術していただいた
率直な感想は「痛い!」

いっぱい打っていただいてありがたみはあったのですが、また受けたいか?というと、綺麗になれるとしても消極的になってしまうと思いました。

「K式」は痛いです。なぜならば鍼管を使わないからです。鍼管とはストロー状で、鍼を打つ時にかぶせます。鍼管は痛みを軽減させるために日本人が発明しました。

せっかくの鍼管を使わないなんてもったいないことです。
鍼数を多くすることを選んだので、鍼管は物理的に使えないのですね。そして内出血にもなりやすい。
こりゃダメだ~

痛みの少ない美容鍼はないか?

顔の筋肉のバランスを重視し、少ない鍼数で高い効果を出せると謳われる「ハリウッ○スタイル上○式」を学ぶため、国試直後に大阪へ行きました。

○で一部伏せているのは、大人の事情♡です。

早朝から夜遅くまで みっちりと上田先生の講義&実技指導がありました。

トイレ休憩や食事をする時間もゆっくりとれない程 超ハードな3日間でした。
お疲れ様な私が写真に写っています...

「○リウッドスタイル○田式」の痛みは?
「K式」に比べれば、ほとんど痛くないと言ってもいいでしょう。痛くはないけれど、よく響いて私は好きです。
人によっては刺激を強く感じる場所はあるかもしれません。

次に、長谷川亮先生の「電気を流す名古屋流美容鍼」の講習を受けました。
こんな近くに鍼灸王子さまがいらっしゃったなんてラッキー♪

五十肩や腰痛の治療に用いるパルスと呼ばれる低周波治療器は、血行の促進、鎮痛、細胞の活性化を高める効果があります。
筋肉にしっかり作用して引き上げ効果も期待できます。

パルスによる筋肉運動は、受けてる感がすごい!最初はちょっと強めかなーと感じても、副交感神経に働きかけるツボにも打っているので、そのうち心地よく眠りの世界へ...

ここまでで満足しちゃいそうでしたが、更に東京へ。神崎貴子先生に「高麗美容鍼」を教えていただきました。

初めて女性の先生です。神崎先生は、お人柄もとても素敵でした。憧れちゃいます。

「高麗美容鍼」は1番痛みがありません。内出血にもなりにくいので、美容鍼に興味はあるけれど躊躇されている方におすすめします。

ご予約・お問い合わせは24時間受付中 お気軽にどうぞ!【完全予約制】

090-4404-0360 OPEN 10:00 CLOSE 24:00( L.O  21:00 )

メールはこちら 12時間以内に返信します。
LINEの友達追加はこちら
  • ブログ

アクセス

■名古屋市営地下鉄桜通線「桜本町」駅1番
出口より徒歩1分

■名鉄「桜」駅より徒歩7分

名古屋市南区桜台1丁目-1-16
サントピア桜台2A

  • ネット予約